top of page

ColdQuanta、Riverlane、ウィスコンシン大学マディソン校が、プログラム可能な中性原子量子コンピュータでアルゴリズム実証に成功

 プログラミング可能な中性原子量子コンピュータの開発は、超伝導やイオントラップに比べ遅れているが、この技術に将来性を見出す声も大きい。長いコヒーレンス時間、同一量子ビットの特性、柔軟なスケーリングの可能性などが理由である。しかし、このプロセッサーで、量子アルゴリズムが実際に実行されたという論文は発表されていないようだ。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
No se pudieron cargar los comentarios
Parece que hubo un problema técnico. Intenta volver a conectarte o actualiza la página.
bottom of page