top of page

Honeywell、電気・ガス・水道事業向けスマートメーターの暗号鍵生成にQuantinuumの「Quantum Origin」を採用


ハッカーが重要インフラに侵入し、電気、ガス、水道といった生活インフラに干渉する可能性は、サイバーセキュリティの専門家が抱く大きな懸念の一つである。メーターがより賢くなり、ネットワーク経由のデジタル通信になると、その危機は顕著となる。


Honeywellが2021年に発表したE-Monクラス6000スマートメーターがその例だ。スマートメーターのセキュリティを強化するため、HoneywellはQuantinuumのQuantum Originソリューションをこれらの製品に統合し、量子コンピューターを使用するだろう将来のハッカーが暗号化キーを盗むことに対する耐性を持たせた。Honeywellは、このようなことを行う最初のスマートメーター・メーカーである。


Quantinuumは元々Honeywell Quantum Solutions部門からのスピンオフとして設立され、その後Cambridge Quantum Computingと合併したため、Honeywellは現在でもQuantinuumの株式のかなりの部分を保有している。


Honeywellは、追加情報を記載したプレスリリースを発表した。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page