top of page

IonQ、米空軍研究所と1340万ドル(約19億円)の契約を締結

 米国空軍研究所(AFRL)との契約は、IonQのイオントラップ型量子プロセッサーへのアクセス、および量子アルゴリズムとアプリケーションの開発を提供し共有するためのもの。AFRLは、以前から量子技術の研究を行っており、現在はニューヨーク、オハイオ、ニューメキシコにある研究所で量子技術に関連する様々な分野にわたっている。今回の受注についての詳細は、IonQのホームページを参照。

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page