top of page

PhasecraftがシリーズAで1,300万ポンド(約24億円)の資金を獲得


Phasecraftの今回のシリーズA資金調達は、Playground Globalの主導。他に、AlbionVC、既存投資家のEpisode1、Parkwalk Advisors、LCIF、UCL Technology Fundが追加参加している。


同社は2018年に設立された英国を拠点とする量子ソフトウェア企業。材料探索のための効率的なアルゴリズムの開発に特化し、これまでに17本の技術論文を発表している。同社のソフトウェアは材料のモデリングにおいて、これまでの最高の量子アルゴリズムと比較して100万倍の改善をもたらすことができる。Google、IBM、Rigettiなどの量子ハードウェアプロバイダや、特殊材料開発のJohnson Matthey、太陽電池開発のOxford PVなどのエンドユーザーと提携している。


同社はこの新たな資金で技術スタッフを増員する予定だ。彼らの目標は、Phasecraftのより効率的なアルゴリズムを利用することで、初期の商用量子アドバンテージを実現する手段を顧客に提供することである。今回の新たな資金調達により、ベンチャー資金の総額は1,725万ポンド(約32億円)となった。さらに、イノベートUKと欧州研究評議会からも375万ポンド(約7億円)の助成金を得ている。


この新しい資金調達ラウンドの詳細を含むプレスリリースはPhasecraftのWebサイトに掲載されており、こちらのリンクから参照できる。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page