top of page

Quantinuum、QV 8192を達成、2量子ゲートの種類を追加、TKETのダウンロード数50万件を達成と発表



[ QV Progression at Quantinuum Showing Quantum Volume (QV) and Heavy Output Outcome Percents (h). Credit: Quantinuum ] Quantinuumは、イオントラップ装置のQV(量子ボリューム)測定値のさらなる向上を発表した。これまでの措置は、昨年4月に発表した4096であったが、今回8192に引き上げられた。これは、IBMが指定した13量子ビットの回路で、13レベルの深さを持つQVテストに成功したことを意味する。これを実現するために重要であったのは、彼らが「Arbitrary Angle Two-Qubit Gate」と呼ぶ、新たなタイプの2量子ビットゲートを実装することであった。このゲートは、イオントラップ型量子プロセッサーで使用されているオリジナルの「Mølmer-Sørensenゲート」で用いられている固定回転の2量子ビットゲートに対して、より柔軟な実装方法を提供するものである。任意角度のゲートは、より少ないレベル、より速い時間、より高い忠実度で、特定の量子演算をより効率的に実装できる利点がある。例えば、量子フーリエ変換アルゴリズムでは、このArbitrary Angle Gateを用いることで、2量子ビットゲートの数を1/2にできることを彼らは示した。 またこれに関連して、Quantinuumは、同社のオープンソースTKETソフトウェアが、公開以来50万件ダウンロードされたことを発表した。2021年にオープンソース化を決定したことによって、ここまで大きな数字となったろう。ダウンロードした人すべてが積極的に利用しているとは思えないが、それでもすごい数字である。TKETはすでに、Arbitrary Angle Two-Qubit gateのサポートを組み込んでいる。 この新ゲートの使用例や、量子ビットリセットなど高度な機能を紹介した技術論文がarXiv に掲載されている。

Quantum Business Magazine @qbm 米国のQuantumComputingReportからの翻訳記事にオリジナルの量子業界の記事を加えてお届けしています。 quantumbizmag


留言

評等為 0(最高為 5 顆星)。
暫無評等

新增評等
bottom of page