top of page

Rigetti、組合せ最適化問題を解くソリューションの改善でDARPAの助成金を獲得


この助成金は、国防高等研究計画局(DARPA)のImagining Practical Applications for a Quantum Tomorrow(IMPAQT)プログラムのもと、Rigetti Computingに提供された。


SPEEQ(Scheduling Problems with Efficient Encoding of Qubits)"と題されたこのプロジェクトは、量子ビット効率の良い新しいエンコーディングを開発しようとするものだ。これは、スケジューリング問題に関連する最適化問題を、量子ビットの数が限られている現在利用可能なNISQ量子コンピュータにマッピングできるようにすることを目標にしている。


このようなスケジューリング問題は、産業界ではとても一般的なものであり、Rigettiは量子・古典ハイブリッド・システム・アーキテクチャの利点を生かし、現在の純粋な古典ベースのアルゴリズムよりも競争力のあるアプローチの開発に取り組んでいく。


今回の受賞に関する追加情報は、同社のWebサイトのニュースリリースを参照。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page