top of page

Unitary Fund、MitiqプロジェクトのためにNSFから148万ドル(約2.2億円)を獲得


米国国立科学財団(NSF)が、Unitary Fundに2年間の助成金を提供。量子エラー緩和のアルゴリズムを開発するオープンソースのMitiqプロジェクトをさらに推し進めていく。この助成金は、昨年開始されたNSFのPOSE(オープンソース・エコシステムへの道)プログラムによって授与される。


Mitiqは、その導入以来、世界中で50人以上のコントリビューターと10万以上のダウンロードを記録しており、かなりの人気があることが証明されている。現在、ゼロノイズ外挿、確率的エラーキャンセル、可変ノイズクリフォードデータ回帰、デジタルダイナミックデカップリング、読み出しエラー緩和など、さまざまなエラー緩和アルゴリズムを提供している。


追加情報は、Unitary FundのWebサイトに掲載されたブログ記事と、NSFのWebサイトに掲載された受賞通知で確認できる。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page