top of page

Zapata AI (ZPTA) がNASDAQ上場。量子分野からピボットし生成AI会社としてAndretti Acquisition Corporationとの経営統合を完了。2024年4月1日から取引開始

[English follows Japanese]


Zapata AI(旧Zapata Computing)は、Andretti Acquisition Corporationとの合併を正式に完了し、2024年4月1日(月)にNASDAQ取引所での取引を開始する。ティッカーコード「ZPTA」。Zapataはもともと量子ソフトウェア会社としてスタートしたが、2023年頃からは主に生成AI分野に事業領域を移している。しかし同社は現在も量子の研究を行っているため、この経験を活かしながら、通信、金融サービス、輸送・物流、バイオテクノロジー・製薬・ライフサイエンス、自動車OEM、高度グローバル製造、防衛・政府などの業界の企業に生成AIソリューションを提供している。


Zapataの重要なプロジェクトのひとつは、アンドレッティ・グローバル社にモータースポーツ・イベントのパフォーマンスを向上させるための重要なデータ分析サービスを提供することである。アンドレッティ・グローバルは、アンドレッティ家を通じてアンドレッティ・アクイジション・コーポレーションと共通のオーナーシップを持っている。


今の所Zapataは量子領域での活動を継続しているため、量子ハードウェアがより強力になり実際の商業的利益を提供できる時代になれば、その活動を再び量子分野へ拡大できるかもしれない。しかし、同社は当面生成AIを活用することで、顧客に対して今現実的なメリットを提供できる分野に集中している。

経営統合の完了を発表するプレスリリースは、サパタのウェブサイトに掲載されている。



[補足]

Zapata AI (ザパタAI)

アメリカ企業。創設者&CEOはChristopher Savioe(クリストファー・サヴォイ、佐世井久理須)氏。日本に帰化し福岡在住。連続起業家・科学者・法律家。

企業ウェブサイト(日本語版):https://www.zapata-ai.jp/



NA上場、株式公開の取引内容(2023年9月6日発表の経営統合・株式公開のZapata AI社のニュースより)

この取引ではZapataの株式価値は2億ドルと計算され、既存のZapata株主は株式の100%、つまり価格10.00ドルで2,000万株を統合会社にロールオーバーする予定だ。 Andretti Acquisition Corp.のスポンサーと、創設者株を所有または受け取る権利を持つ特定の投資家は、合わせて580万株、つまり約5,800万ドルの暗黙の価値を所有することになる。 Andretti Acquisition Corp.の一般株主は現在約790万株を保有しており、そのすべてが償還の対象となっている。合併後の会社のプロフォーマ株式価値(償還後のアンドレッティ・アクイジション・コーポレーションの信託現金の残高を含む)は、償還のレベルに応じて、2億8,100万ドルから3億6,500万ドルの範囲になると予想されます。

Zapata と Andretti Acquisition Corp. のそれぞれの取締役会はこの取引を承認した。この取引にはアンドレッティ・アクイジション・コープの株主の承認が必要であり、企業結合契約に記載されている条件および特定の規制当局の承認の受領を含むその他の慣例的な完了条件の充足または放棄が条件となります。この取引は2024年の第1四半期に完了する予定です。

(出所:Zapata AI





= = = = = =

Zapata AI Closes Its Business Combination with Andretti Acquisition Corporation and Will Publicly Trade on the NASDAQ Exchange


Zapata AI, formerly Zapata Computing, has publicly closed its merger with Andretti Acquisition Corporation and will start trading on the NASDAQ exchange with the symbol ZPTA on Monday, April 1, 2024. Zapata originally started as a quantum software company but has branched out to also work in the generative AI area. They still do work in quantum and indicate that they are leveraging this experience to provide generative AI solutions to companies in industries including telecommunications, financial services, transportation and logistics, biotech/pharmaceutical and life sciences, automotive OEMs, advanced global manufacturing, and defense and government. One of their key accounts is to provide key data analysis services to improve performance in motorsports events for Andretti Global, (See our previous article titled Zapata and Andretti: A Marriage Made on the IndyCar Circuit for more details.) Andretti Global has common ownership with Andretti Acquisition Corporation through the Andretti family.

Zapata will continue working in the quantum space and may be able to increase its activities there as the quantum hardware becomes more powerful and able to deliver real commercial advantage. But for now the company is concentrating on areas where it can provide near-term real world advantages to customers by leveraging the company’s generative AI capabilities.

A press release announcing the closing of the business combination has been posted on the Zapata website here.


Source:

Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

= = = = = =










Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page