top of page

Quantinuum、H1-1プロセッサで 524,288の量子ボリュームを達成

Quantinuumは、量子ビットの品質レベルの向上を続けており、IBM が独自に定義した量子ボリューム(測定基準)を達成するための新記録を定期的に発表している。ここまで記録は、H2プロセッサーで 216(65,536)だったが、今回は前世代の H1-1プロセッサーで 219(524,288)の量子ボリューム達成を報告した。これは、Quantinuumのエンジニアがエラーの原因を突き止め、提言方法を研究した結果である。彼らが行った改善は、Quantinuum の H1-2 および H2プロセッサーでも行われていく。


同社が報告したもうひとつの指標は、2量子ビットのゲートエラー率 0.13%を達成したことで、これは業界最高水準だという。この指標に対しては、性能を毎年少なくとも10倍向上させることを約束している。量子ボリュームの新記録を発表した Quantinuumのプレスリリースは、同社のウェブサイト に掲載されており、量子ボリュームテストの詳細データは GitHub にアップされている。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page