top of page

産総研のG-QuATに冷却原子(中性原子)方式の米国QuEra社を採用。QuEraの受注額は65億円(4,100万米ドル)。設置するのは256量子ビットの第2世代デジタルモードをサポートするマシンで、産総研のスパコン・NVIDIAのGPUと併設される



[English follows Japanese]


QuEra Computing社は、日本の産業技術総合研究所(AIST)から、つくば市にある同研究所量子AI技術ビジネスグローバル研究開発センター(G-QuAT)にQuEra社の冷却原子(中性原子)方式プロセッサ1台を設置する契約を締結したと発表した。これはQuEraにとって、顧客サイトにオンプレミスのマシンを設置する2件目の契約となる。QuEraはまた、英国研究革新省(UKRI)の国家量子プログラムにも量子テストベッドを提供する予定だ。


G-QuATは、量子アルゴリズムの大規模エミュレーション用に2000個のNVIDIA H100 GPUを設置する。この研究の一環として産総研は、産総研のABCI-Qスーパーコンピュータ、NVIDIA GPUとQuEra量子コンピュータを併設し、NVIDIAのCUDA-Qソフトウェアを組み合わせたハイブリッド・アルゴリズムの用途を模索している。


アナログモードのみをサポートするQuEraの現在のAquilaシステムとは異なり、G-QuATに設置されるコンピュータは、デジタルゲートベースモードをサポートする少なくとも256量子ビットを備えた第2世代のマシンとなる。量子プロセッサーは2025年第1四半期に設置される予定だ。この取り決めの一環として、QuEra社は産総研に対し、プロセッサの円滑な運用を保証するためのサポートとメンテナンス・サービスを提供する。




詳細情報のリンク集

産総研がQuEraを採用したことを発表したプレスリリースはこちら




[編集部の補足]


産総研のG-QuAT



QuEra(キュエラ)社について

QuEra Computing は、有望視されている冷却原子(中性原子)を使用した量子コンピュータを開発するアメリカの量子ハードウェア企業。マサチューセッツ州ボストンに本社を置き、近隣のハーバード大学と MIT による先駆的研究を基に設立された。従来のコンピュータでは困難とされる問題に取り組むための大規模で誤り耐性を備えた量子コンピュータ(FTQC)を開発している。主要なパブリッククラウドや米国Strangeworks社の量子クラウドプラットフォーム(https://strangeworks.com/)などを通してアクセス可能。



Aquila(アキラ)256量子ビットの量子コンピュータ



= = = = = =

QuEra Books an Order for 6.5 Billion Yen ($41M USD) to Install a Neutral Atom Processor in Japan


QuEra Computing announced it has received a contract from  Japan’s National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) to install one of QuEra’s neutral atom processor at the institute’s Global Research and Development Center for Business by Quantum-AI Technology (G-QuAT) in Tsukuba, Japan. This will be QuEra’s second deal to install an on-premise machine at a customer site. They will also be providing a quantum testbed to the UK Research and Innovation (UKRI) national quantum program.

G-QuAT is the same R&D center that we described last month that will be installing 2000 NVIDIA H100 GPUs for large scale emulation of quantum algorithms. As part of their research, AIST will be exploring uses of hybrid algorithms that couples the QuEra quantum computer with AIST’s ABCI-Q supercomputer, NVIDIA GPUs, and NVIDIA’s CUDA-Q software.

Unlike QuEra’s current Aquila system which only supports analog mode, the computer to be installed at G-QuAT will be a second generation machine with at least 256 qubits that will support digital gate-based mode. (See our previous article describing QuEra’s roadmap here.) The quantum processor is expected to be installed in Q1’2025. As part of the arrangement, QuEra will be providing support and maintenance services to AIST to ensure smooth operation of the processor.

A press release announcing AIST’s selection of QuEra for providing a quantum computer has been posted here on the QuEra website.


Source:

Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

= = = = = =










Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page