top of page

米国議会が量子コンピューティングサイバーセキュリティ準備法案を可決

米国議会は、行政機関の情報技術システムをポスト量子暗号に移行する際の優先順位付けを支援するために、行政管理予算局 (OMB) を設置する法案に取り組んでいる。法案には以下の条項がある。


  • 行政管理予算局 (OMB) に対し、連邦政府機関の情報技術の取得とポスト量子暗号への移行を優先するよう要求する

  • OMBに対し、米国国立標準技術研究所 (NIST) が予定されているポスト量子暗号の標準化を発表した1年後に、連邦政府機関が重要なシステムを評価するためのガイダンスを作成するよう指示する

  • OMBに、ポスト量子暗号のリスクに対処する方法に関する戦略、必要となる可能性のある資金、政府全体の調整とポスト量子暗号の標準と情報技術への移行に関する分析を含む年次報告書を議会に送付するよう指示する


米国上下両院はこの法案を可決し、まもなくバイデン大統領に送付し、署名を求める予定だ。法案の全文と状況は、こちらの議会のホームページで読むことができる。

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page