top of page

ケンブリッジ大学製造研究所(IfM)が発表したホワイトペーパー、英国の量子エコシステムを検証

ケンブリッジ大学製造研究所(Institute for Manufacturing)と英国の量子コンピューティング&シミュレーション(QCS)Hub によって作成されたホワイトペーパーは、英国のランドスケープ、採用、商業化の課題の主要な強みを説明し、前進するための提言を作成した。ホワイトペーパーは、英国の主要な量子関係者61人へのインタビューと、3つの円卓会議に基づいている。


ペーパーでは、英国の量子コミュニティは、最先端の科学と工学、効果的な資金調達プログラム、質の高い人材プール、スタートアップに資金を提供するための利用可能なベンチャーキャピタルとエンジェル投資家ベースなど、多くの強みを持っていることが立証された。また、需要の不確実性、標準の欠如、政府支援の長期的な不確実性、資金調達、人材不足、その他の潜在的なハードルなど、いくつかの課題を特定している。


英国における量子技術の発展を加速させるために、白書では6つの提言がなされている。業界全体や社会の課題を解決するためのミッション駆動型の資金提供、英国におけるシステムインテグレータのフォーラムの創設、量子産業界のメンバーを集めてより良い相乗効果を生み出す戦略的イニシアチブの形成、適切なIPポリシー、スケールアップ能力の準備、トレーニングプログラムの作成などである。


このホワイトペーパーは英国に特化して書かれたものだが、長所、課題、提言の多くは他の国でも有効であろう。量子産業の現在と将来の構造について、さらなる洞察を得るために、この報告書は一読の価値がある。白書の全文は、製造研究所(Institute for Manufacturing)のWebサイト から入手できる。


Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page