top of page

VTT(フィンランド国立技術研究センター)の5量子ビットコンピューターが稼働開始

昨年本レポートで、VTT技術センターが同国初の量子コンピュータを提供するとして、IQM社を選んだことを報じた。このプログラムは、VTTとアールト大学が共同で運営する、Micronova(マイクロ・ナノテクノロジーに関する研究インフラ)に設置された、5量子ビットのマシンからはじまった。まもなく20量子ビットのマシンが設置され、2024年には50量子ビットのコンピュータが完成予定になっている。VTTは、このマシンを研究用途とともに、アールト大学の学生のための教育ツールとしても使用する予定で、現在はVTTの研究者のみが扱えるが、来年の後半には国内だけでなく、他国でも利用できる予定としている。VTTが掲げている目標は、量子コンピューティング能力を構築し、フィンランドの量子コンピューティング・エコシステムに弾みをつけられるマシンを手に入れることだ。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page