top of page

新たな量子的中間表現アライアンスの結成(New Quantum Intermediate Representation Alliance Formed)

ここ2,3年の量子業界における傾向として、ハードウェアに依存しないソフトウェアの開発や、さまざまなハード用のコードを生成できるソフトウェア・プラットフォームの開発が盛んに行われている。エンドユーザにとっては、自分のプログラムを異なる量子コンピュータ上で試し、最適なものを知ることができ、非常に有益なものだといえる。ハードウェアのエコシステムは、毎月のように新しいプロセッサが導入されるため、この機能は特に重要だろう。もちろんエンドユーザーは、この柔軟性の維持を求めている。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page