top of page

米国国防総省、AFRLに対して4,500万ドルを拠出、精密標準兵器のための量子応用研究を行う

米国国防総省(DoD)は、空軍研究所(AFRL)を中心とする複数の部隊に対し、CLAWS(兵器システムを進化させる古典・量子ハイブリッド構成)と名付けられた3年の計画に 4,500万ドル(約64億円)を提供。CLAWSは、量子技術により運動エネルギー兵器システムを改善し、より長い射程、高い精度、低い付随的被害、そしてより高い機動性の実現方法を調査する。AFRLは、民間および学術機関と提携し、量子技術がさまざまな画像処理、位置、ナビゲーション、およびタイミングの応用への活用方法を研究する。このプログラムは、少なくとも20人の新たな修士課程およびポスドクをサポートするだろう。はじめに、NISQプロセッサによる、ハイブリッドな量子/古典アルゴリズムの研究を行い、実用的な結果を得られるかに焦点を当てていく。


詳細は、国防総省のウェブサイト で確認することができる。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Kommentare

Mit 0 von 5 Sternen bewertet.
Noch keine Ratings

Rating hinzufügen
bottom of page