top of page

Atos社/IQM社によるHPCセンターの調査で、量子コンピューティングへの関心が高まっていることが判明

Atos社とIQM社は、世界中にあるHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)センターのうち、110のセンターを対象に、量子コンピューティングへの関心度を調査し興味深い結果を得た。110のセンターのうち、27%が既に量子コンピューティングの実験を行っていると答えており、76%が2023年までに利用を予定していると回答した。

記事の続きは…

www.qcrjp.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む
bottom of page