top of page

冷却原子(中性原子)方式の米国QuEra社が256量子ビットの量子コンピュータAquilaにローカル量子ビット制御機能を追加。量子ビットを個別に制御操作可能に。



[English follows Japanese]


QuEra Computing社は、256量子ビットの量子コンピュータ「Aquila(アキラ)」に、ローカル・デチューニングとも呼ばれるローカル量子ビット制御機能を追加したことを発表した。 この新機能により、Aquilaの柔軟性とプログラマビリティ(制御能力) が強化され、独立して量子ビットを制御・操作できるようになる。 量子ビットの状態を個別に準備できるため、より幅広い入力データと問題タイプ選択の可能性が広がるということになる。つまり、Aquilaのユーザーは、機械学習、最適化、シミュレーションなどの分野の問題に取り組む際に、以前より融通がきくようになったということ。


このQuEraの技術の進歩は、製薬などの分野でタンパク質の折り畳みや分子結合のモデリングをする際に特に価値を発揮する可能性がある。 QuEraのAquilaは現在、Amazon Braketを通じて、ローカル・デチューニングの新機能を利用することができる。



QuEraのウェビナー(日本時間 2024年5月2日午前0時開催)

なお、QuEraは日本時間5月2日(木) の午前0時にzoomでウェビナーを開催し、Aquilaの新機能について詳しく説明する。 参加登録は以下のリンクからどうぞ。



詳細情報のリンク集

この新機能を発表したQuERaのプレスリリースは、こちらのウェブサイトに掲載されている。


Amazon Braket Directサービスを通じてこの機能が利用可能になることを発表したAWSのプレスリリースはこちら。


さらに、AWSのブログ記事でこれらの機能の詳細が説明されている。



[編集部の補足]


QuEra(キュエラ)社について

QuEra Computing は、有望視されている冷却原子(中性原子)を使用した量子コンピュータを開発するアメリカの量子ハードウェア企業。マサチューセッツ州ボストンに本社を置き、近隣のハーバード大学と MIT による先駆的研究を基に設立された。従来のコンピュータでは困難とされる問題に取り組むための大規模で誤り耐性を備えた量子コンピュータ(FTQC)を開発している。主要なパブリッククラウドや米国Strangeworks社の量子クラウドプラットフォーム(https://strangeworks.com/)などを通してアクセス可能。



Aquila(アキラ)256量子ビットの量子コンピュータ



= = = = = =

QuEra Adds Local Qubit Control to 256-Qubit Quantum Computer Aquila


QuEra Computing has announced the addition of local qubit control, also known as local detuning, to its 256-qubit quantum computer, Aquila. This new capability enhances the flexibility and programmability of Aquila, allowing users to independently control and manipulate qubits. Aquila’s users now have more versatility when addressing problems in areas such as machine learning, optimization, and simulation. The local detuning feature opens up the potential for a broader range of input data and problem types by enabling the individual preparation of qubit states. Two other new capabilities that are also now available include taller geometries with increased lattice height, and tighter geometries with smaller vertical spacing.


This advancement could prove particularly valuable in fields such as pharmaceuticals, where modeling protein folding and molecular binding can benefit from QuEra’s technology. QuEra’s Aquila is now available with local detuning and the other two new features through Amazon Braket.

QuERa’s press release announcing this new capability has been posted on their website here. Another press release from AWS announcing the availability of this capability through their Braket Direct service is available here. A blog article from AWS describing these capabilities in more detail can be found here. And finally, QuEra will conduct a webinar on May 1st to discuss Aquila’s new capabilities further. To attend, you can register here.


Source:

Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

= = = = = =










Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page