top of page

オーストラリア政府、「国家量子戦略」を発表

オーストラリア政府は、同国の量子コミュニティのメンバーなどと多くの議論を経て、「国家量子戦略」を発表した。この戦略は、次のようなビジョンを掲げている。


2030年には、量子技術の繁栄により、オーストラリアが世界の量子産業のリーダーであることが認められ、フェアで包括的な国家を目指していく。


2030年までに 22億豪ドル(約2,000億円)の産業で 8,700人の新規雇用を創出し、2045年までに60億豪ドル(約5,400億円)の産業で19,400人の雇用を創出するという目標を掲げています。この目標を達成するために、6つの重要なテーマを中心に国の量子戦略を策定した。


  • 量子技術繁栄のための研究開発、投資、利用の創造

  • 量子技術に不可欠なインフラや資材へのアクセス確保

  • 量子技術に精通し、成長する人材育成

  • 国益を支援するための基準と枠組みの確立

  • 信頼性のある、倫理的で包括的な量子エコシステムの構築


これらのテーマをフォローアップするために、国家量子戦略文書には、これらのテーマごとに実施されるアクション項目が詳細に記載されている。さらに、オーストラリア政府は今年、同国の産業を支援、多様化、変革するために150億ドルの国家復興基金 (NRF) を設立する。この基金の中で、10億豪ドル (約910億円) は、人工知能、量子コンピューティング、ロボット工学、ソフトウェア開発などの分野で重要な技術を成長させ、能力構築のために使用される。


国家量子戦略の詳細については、オーストラリア政府のウェブサイト でこの取り組みの紹介を読むことができ、51ページの完全な文書はこのリンクからダウンロード できる。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page