top of page

Bleximo、ニューヨーク州アルバニー・ナノテク複合施設に研究開発拠点を拡大

Bleximo は、カリフォルニア州バークレーにある特定用途向けの量子プロセッサを開発する超伝導量子ハードウェアのスタートアップで、ニューヨーク州北部の Albany Nanotech Complex に新たなグループを加えて、研究開発業務を拡大する。また、先進的な公営半導体研究センターを運営する非営利団体 NY CREATES と提携することも発表した。Nanotech Complex の設備は、最先端のツールを使用して半導体プロセスを試作できるため、IBMや東京エレクトロンなどのいくつかの商業企業が使用している。Bleximo はこれまで、古い製造装置が設置されている大学のクリーンルームを使用していた。チップの加工をNanotech Complex に移すことで、より高い精度、信頼性、歩留まりを実現する。また、NY CREATES は、新しい開発やプロセスをテストするために Bleximo の Rubiconプラットフォームを使うことができる。このパートナーシップの詳細については、こちらの NY CREATES のウェブサイトに掲載されているプレスリリース を参照。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page