top of page

QuEra、中性原子量子アーキテクチャ向け量子シミュレーションパッケージ「Bloqade」を発表

PasqalやQuEraなど、中性原子量子コンピュータは、他の技術で使われているデジタルモードだけでなく、アナログモードをサポートしている。アナログモードは、デジタルモードほど普遍的なものではないが、ノイズの影響を受けにくいという特徴がある。計算問題によっては、アナログモードがデジタルモードよりも量子的な優位性に早く到達できることが証明されるかもしれない。 アナログモードでは、1つの基底状態(g)と1つのリュードベリ状態(r)を使用し、量子ダイナミクスはリュードベリ・ハミルトニアンHによって支配される。彼らは、アナログモードでの量子プロセッサのシミュレーションを可能にするため、Broqadeプログラムをパブリックベータ版としてリリースした。Bloqadeは、ハミルトニアンが相互作用するリュードベリ・ハミルトニアンHであるシュレディンガー方程式のもとで、量子状態の時間発展をシミュレートする。Bloqadeの詳細については、QuEraがLinkedInに投稿した発表文 ドキュメント 、BloqadeのGitHubリポジトリ を参照。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Não foi possível carregar comentários
Parece que houve um problema técnico. Tente reconectar ou atualizar a página.
bottom of page