top of page

バイデン大統領、中国への量子技術投資制限を提案する大統領令に署名

大統領令は、量子コンピューティング、軍事利用に関連する人工知能、先端半導体への米国の投資を規制するプログラムを確立・実施するよう財務省に指示している。これらの技術は、軍事、諜報、監視、およびサイバー対策に使用するために不可欠であると見なされており、米国の国家安全保障に対するリスクになると考えられている。


この大統領令は、米国人が特定の取引を行うことを禁止し、米国のベンチャーキャピタリストやその他の投資家に対し、中国、香港、マカオ

に所在し、これらの分野で活動する企業への投資予定を財務省に通知することを義務付けるものである。


詳細はまだ確定していない。現在財務省は、このプログラムの実施案についてコメントを求める規則制定案事前通知 (ANPRM) を発行している。したがって、この大統領令は、ANPRM の 45日間のコメント期間が終了し、財務省の規則発行までは施行されない。


この大統領令に関する追加情報は、ホワイトハウスのブリーフィング・ステートメント、財務省のプレス・リリースファクト・シート、ANPRMのテキストに詳しい。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page