top of page

中国、3つの組織が新たな量子クラウドコンピューティング・プラットフォームを公開

北京量子情報科学院(BAQIS)、中国科学院物理研究所(IOP)、清華大学の3つの組織が共同で開発した新プラットフォームは、5月末に北京で開催された「2023中関村フォーラム」で発表された。このプラットフォームは136、18、10量子ビットの 3つのチップで構成され、オープンな量子アセンブリ言語とGUIの両方でプログラムできる。11月からすでに2,000人の初期ユーザーをサポートしており、それらのユーザーはその時点から50万を超えるJobを実行しているという。いくつかの追加情報を含む詳細は、中国科学院のWebサイトのニュースリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page