top of page

Classiq社、ユーザーが独自の機能モデルを統合できるソフトウェアの新バージョンを発表

Classiq社は、イスラエルに拠点を置く量子ソフトウェア企業で、高レベルの機能モデルを、自動的に最適化されたゲート回路に変換するソフトウェアを提供している。同社が目指すのは、アルゴリズムの設計者が高レベルの機能モデルを作成し、最適化された量子ゲートにコンパイルすることだ。このアプローチは、現在の数十億個のトランジスタを搭載したコンピュータを設計する際に用いられる方式に類似している。これにより、アルゴリズム設計の生産性が向上し、特にハードウェアプロセッサの量子ビット数が増え続ける中で、ソフトウェア開発の生産性向上を見込むことができる。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page