top of page

Classiq、最適な回路作りを競うコーディングコンテストを開催

 Classiqは、4種類の量子プログラミング問題を用意し、問題に応じて、最少のゲートレベルまたは最少の2量子ビットゲート数を用いて、問題を満たす回路を作れるかというコーディングコンテストを発表した。量子ビットの数などの制約がある量子コンピュータで、何がどこまでできるのか、を示すことが目的である。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page