top of page

Classiq、東芝のゲート型量子プロセッサーを共同開発へ

東芝デジタルソリューションズ (株) は、これまで量子関連技術の研究を積極的に行っきた。量子ベースのネットワークや、量子にヒントを得た 「量子分岐シミュレーション (SQBM+) 」 と呼ばれるオプティマイザを開発している。また、超電導ベースのゲート型量子プロセッサの開発にも取り組んでいる。昨年、ダブルトランスモンカプラーを使用した高性能設計の結果を強調するプレスリリースを発表した。これを推し進めるために、彼らは今から Classiq と協力して、さまざまなユースケースと、それらを東芝のプラットフォーム上で実行するように最適化する方法を模索していく。Classiq は、高レベルの関数モデルを入力として受け取り、最適化された低レベルの量子回路に変換するソフトウェアを提供し、アプリケーションの開発を容易に。このアプローチは、量子AI、最適化、計算化学シミュレーションの分野の問題に適用できる。今回のコラボレーションを発表する Classiq 提供のプレスリリースはこちらのリンク を確認してほしい。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Σχόλια

Βαθμολογήθηκε με 0 από 5 αστέρια.
Δεν υπάρχουν ακόμη βαθμολογίες

Προσθέστε μια βαθμολογία
bottom of page