top of page

D-Wave、QuantumBaselとの契約を延長・拡大


2022年12月、スイスにおける商用利用のための量子コンピューティング・ハブ「QuantumBasel」の設立について報告した。その際に、取り組みをサポートする最初のハードウェア・メーカーは、IBMとD-Waveの2社であると告げた。その後、6月にIonQが加わっている。7月には、D-WaveとQuantumBaselが VINCI Energiesとともに、D-Waveの量子アニーラーを使ってHVACシステムの設計を最適化する方法を研究していると発表した。


今回、D-WaveはQuantumBaselとの契約を延長・拡大することを発表した。契約はさらに2年間延長され、D-WaveがQuantumBaselのキャンパス内に欧州事務所を開設するというもの。これにより、コチ・ホールディング、サティスペイ、ポズナン超電導・ネットワークセンター、シネカなどの欧州の顧客をサポートすることが容易になります。これにより、D-WaveはKoç Holding、Satispay、Poznan Superconducting and Network Center、Cinecaなどの組織を含むヨーロッパの顧客をサポートしやすくなる。


QuantumBaselとの契約延長を発表するプレスリリースはこちらのリンクから。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page