top of page

D-Waveの1200量子ビット超のAdvantage2™ プロトタイプが大幅な性能向上。Leap™クラウドサービスでまもなく利用可能

[English follows Japanese]



D-Wave Quantum Inc. (NYSE: QBTS)は、低ノイズの新しい多層超伝導集積回路製造スタックを特徴とする1,200量子ビット超のAdvantage2™プロトタイプを発表した。同社のLeap™量子クラウドサービスに統合される予定。


この新しい Advantage2™プロトタイプは、1,200 以上の量子ビットと 10,000 以上のカプラーを備えており、以前にリリースされた Advantage2 プロトタイプに比べて量子ビットとカプラーの数が 2 倍、スピングラスを解く速度が20 倍、エネルギースケールが40%向上し、1つの量子ビットにつき20個の接続が可能になり、材料シミュレーションでコヒーレンスタイムが2倍になり量子シミュレーションタスクでのエラーの大幅減少が確認された


このスペックの向上は低ノイズ製造スタックによるもの。コヒーレンス性、接続性、エネルギースケールの向上が期待できるAdvantage2™プロトタイプは、機械学習を含む多様なアプリケーションに対応するもので、制約充足問題 (Constraint Satisfaction Problem)において前世代のプロトタイプよりも90%優れていることが実証されている。


同社は、このプロトタイプをLeap™クラウドサービスを通じて間もなく利用可能にする予定であり、5,000量子ビットのAdvantageプロセッサーの4分の1しか量子ビットを搭載していないにもかかわらず、大幅に改善された量子ビットのコヒーレンス特性、増加した量子ビットの接続性、および昨年発表したばかりのエラー緩和技術により、特定の問題を解決する上でこのシステムがさらに効果的になると考えている。


D-Wave社のMark W. Johnson(マーク・W・ジョンソン)上級副社長は、「Advantage2™システムの計算能力と問題解決能力の強化に自信を示し、大幅な進歩を強調した。このプロトタイプは極めて重要なステップであり、材料シミュレーションにおけるコヒーレンスタイムを倍増させ、量子シミュレーションにおけるエラーを低減します」と述べている。同社が2023 年 11 月に発表した量子エラー抑制(QEM, quantum error mitigation)の成功を実証する重要な研究では量子エラー抑制結果は良好であり、将来のAdvantage2™システムとプロセッサの性能強化に道を開くものであるとする。D-Waveの第6世代量子システムとして期待される完全なAdvantage2™システムは、7,000量子ビットを搭載し、新しいトポロジーで量子ビット間の 20 の接続が可能になることが期待されている。


このプロトタイプを発表したプレスリリースは、同社のウェブサイトに掲載されており、こちらからアクセスできる。



[補足]


= = = = = =

D-Wave Unveils 1,200+ Qubit Advantage2™ Quantum Prototype, Showcasing Significant Performance Gains


D-Wave Quantum Inc. (NYSE: QBTS) has unveiled its 1,200+ qubit Advantage2™ prototype, featuring a new lower-noise, multilayer superconducting integrated-circuit fabrication stack. Set to be integrated into the Leap™ quantum cloud service, the prototype exhibits a 20-fold increase in solving spin glasses, showcasing 40% higher energy scale, 20-way qubit connectivity, and doubled qubit coherence time compared to its predecessor.


This performance leap is attributed to the lower-noise fabrication stack, promising improved coherence, connectivity, and energy scale. The Advantage2 prototype is positioned for diverse applications, including machine learning, with a demonstrated 90% superiority over its predecessor in constraint satisfaction problems. The company plans to make this prototype available through their Leap Cloud service shortly and even though it has only one quarter of the qubits of their 5000 qubit Advantage processor, the company believes that this system may be even more effective at solving certain problems due to the much improved qubit coherence characteristics, the increased qubit connectivity, and their recently introduced error mitigation technology which they announced last year.


Mark W. Johnson, Senior Vice President at D-Wave, emphasized the substantial advancements, expressing confidence in the Advantage2 system’s enhanced computational power and problem-solving capabilities. The prototype marks a pivotal step, doubling quantum correlations in materials simulation and reducing errors in quantum simulation tasks. Earlier Quantum Error Mitigation (QEM) techniques have shown promising results, paving the way for enhanced performance in future Advantage2 systems and processors. The full Advantage2 system, anticipated as D-Wave’s sixth-generation quantum system, is poised to feature 7,000 qubits with a novel 20-way qubit connectivity design.


A press release announcing this prototype has been posted on the company’s website and can be accessed here.



Source:

Quantum Computing Report

= = = = = =









Hozzászólások

0 csillagot kapott az 5-ből.
Még nincsenek értékelések

Értékelés hozzáadása
bottom of page