top of page

豪Diraq (シリコン量子ドット型) が量子専門VCのQuantonationから資金調達。シリーズA-2で1,500万米ドル(約22.5億円)を調達し、チーム拡大・米国進出・国際連携に活用する

[English follows Japanese]



シリーズA-2ラウンドで1,500万米ドル(約22.5億円) 、これまでの調達総額は1億2000万ドル (約180億円)

オーストラリアのシドニーを拠点とする量子スタートアップでシリコン量子ドット型の Diraqは、シリーズA-2ラウンドで1,500万米ドル(約22.5億円) の資金調達に成功した。この資金調達は、パリに拠点を置く世界初の量子技術専門のベンチャーキャピタルファンドQuantonation (クァントネーション)が主導した。この資金調達ラウンドには他に、John Higgins Family Investments (ジョン・ヒギンズ・ファミリー・インベストメンツ) とシドニーのニューサウスウェールズ大学(UNSW)が参加した。


今回の資金調達により、DiraqのシリーズAは、Allectus Capital (アレクタス・キャピタル) からの先行資金2,000万ドル (約30億円)を含めて3,500万ドル (約52億円)となり、すべてのラウンドと政府の助成金・プログラムを含めた資金調達総額は1億2000万ドル (約180億円)に達した。この新たな資金調達は、Diraqのオーストラリアでのチーム拡大、米国での立ち上げ、既存の国際的パートナーシップの活用に充てられる。


シリコン量子ドット型量子コンピュータ

Diraq は、シリコン量子ドットをベースとした量子コンピュータ企業である。同社の技術は、何十億もの量子ビットをシリコン上に直接配置し、コスト効率よくエラーを軽減することを目的としている。このアプローチにより、省スペース化が実現するため、巨大なスペースを必要とする冷凍機は必要でなくなる。冷凍機1台に収まった1つのチップに何十億もの量子ビットを搭載できるため、エネルギー効率の高いプロセッサーの実現が期待されている。


量子チップ開発

今後1年半の間に、同社が技術的に最も注力するのは、一般の半導体ファウンドリーを通じて量子チップを開発することである。このマイルストーンは、Diraqの技術の実行可能性を確かなものにし、世界で最も強力な量子コンピュータの構築を目指す同社のスケールアップを推進する役割を果たす。


ビジネス展望

米国を拠点とするDiraqのウィリアム・ジェフリー会長(元米国立標準技術研究所(NIST)所長)は、今回の資金調達ラウンドは、同社の能力と潜在的な影響力が国際的に認められたことを示すものだと強調した。ジェフリー会長は、私たちの日常生活に不可欠な部品である改良型トランジスタをベースとする同社の技術の重要な優位性を強調した。単一チップ上に数百万個の量子ビットを実現するという目標を追求する数少ないグローバル企業の1つとして、Diraqは半導体産業における50年以上と数兆ドルの投資を活用することができる。


Diraqは、大規模でエラーの多い現在のシステムを回避し、業界をFTQC(誤り耐性量子コンピュータ)に直接移行させるフルスタックの量子コンピュータの構築に専念している。同社のシリコンにおけるスピン・ベース技術は、スケーラブルなエラー訂正を可能にする十分な精度の量子ビット制御を実証しており、昨年のブレークスルーを含め、権威あるNature誌に30以上の論文を発表している。


Diraqは、量子ハードウェアからアプリケーション層までの全プロセスを担うことで、強力でコスト効率に優れたコンパクトな量子プロセッサーにより、量子コンピューティングの変革力をさまざまな産業にもたらし、世界で最も困難な問題の解決に貢献することを目指している。今回の資金調達により、量子コンピューティングの経済的・商業的可能性を最大限に実現するための最先端の研究開発イニシアチブが前進することになる。


今回の資金調達を発表したディラクのプレスリリースはこちら



Source: Diraq, The Diraq Senior Leadership Team. From left: Arne Laucht, Chris Escott, Stefanie Tardo, Andrew Dzurak, Wee Han Lim, Andre Saraiva, Lasantha Thennakoon (Not pictured: Henry Yang)



[補足]


Diraq


Quantonationについて

Quantonationは、物理学と量子技術に特化した初のアーリーステージVCファンドです。高性能計算、医療用画像処理、超精密センシングなどの分野。Quantonationは、これらの技術の商用製品への移行を支援することを目的としている。フランスのパリと米国のボストンに本社を置き、世界中に投資を行っている。詳細はwww.quantonation.com




= = = = = =

Diraq Raises $15 Million USD in Series A-2 Funding


Diraq, a Sydney-based quantum computing company, has successfully completed a Series A-2 capital raise of USD $15 million. This funding round was led by Quantonation, the world’s first venture capital fund dedicated to quantum technologies, based in Paris. Other participants in the funding round included John Higgins Family Investments and the University of New South Wales (UNSW), Sydney. This brings Diraq’s total Series A to $35 million including the earlier funding of $20 million from Allectus Capital and total funding including all rounds and government grants and programs to $120 million. This new funding will be used to expand Diraq’s team in Australia, launch in the U.S., and capitalize on existing international partnerships.


Diraq is a global leader in quantum computing based on silicon quantum dots. The company’s technology aims to place billions of qubits directly on silicon to mitigate errors cost-effectively. This approach is expected to deliver energy-efficient processors with billions of qubits on one chip contained in one refrigerator, rather than thousands of chips and refrigerators requiring hundreds of square meters of space in a warehouse.


The company’s primary technical focus in the next 18 months will be on the development of a quantum chip through a standard semiconductor foundry. This milestone will serve as a proof point, solidifying the viability of Diraq’s technology and propelling the company’s scale-up program aimed at constructing the most powerful quantum computers in the world.

Diraq’s U.S.-based chairman, the Hon. William Jeffrey, former Director of the U.S. National Institute of Standards and Technology (NIST), highlighted that this funding round shows international recognition of their capabilities and potential impact. He emphasized the key advantage of their technology which is based on modified transistors – the same components that are integral to our daily lives. As one of the few global companies pursuing the goal of achieving millions of qubits on a single chip, Diraq can leverage over 50 years and trillions of dollars of investment in the semiconductor industry.


Diraq is dedicated to building a full-stack quantum computer that bypasses the current era of large, error-ridden systems and moves the industry directly to fault-tolerant computing. The company’s spin-based technology in silicon has demonstrated qubit control with sufficient accuracy to allow for scalable error correction, published in over 30 papers in the highly prestigious Nature group journals, including breakthroughs last year.


By taking on the complete process from quantum hardware through to the application layer, Diraq aims to bring the transformative power of quantum computing to a variety of industries with a powerful, cost-effective, and compact quantum processor to help solve the world’s most challenging problems. This funding will advance the company’s cutting-edge research and development initiatives to realize the full economic and commercial potential of quantum computing.


A press release provided by Diraq announcing this funding can be accessed here.




Source:

Quantum Computing Report

= = = = = =









Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page