top of page

ドイツ航空宇宙センター(DLR)、イオントラップ量子コンピュータの開発で2億850万ユーロ(約300億円)の契約

ドイツ航空宇宙センター(DLR)は、eleQtron、NXP® Semiconductors Germany、Parity Quantum Computing Germany、QUDORA Technologies、 Universal Quantum Deutschlandに対し、今後4年間にわたるイオントラップ・プロセッサの開発に関する5件のサブプロジェクト契約を締結した。目標は、少なくとも50量子ビットを持つ量子プロセッサーと、数千量子ビットにまでスケールアップできるモジュール技術の開発である。


最初のプロジェクトは、NXP Semiconductors Germany、eleQtron、Parity Quantum Computing Germany を含むコンソーシアムによって実施されており、2023年末までに10量子ビットの実証プロセッサを開発する予定だ。2つ目のプロジェクトは、Universal Quantum Deutschlandがチップ上に50個の完全に機能する量子ビットを持つプロセッサを構築すること。3番目のプロジェクトは、Qudora TechnologiesとNXP Semiconductors Germanyとの共同で、50量子ビットのプロセッサを開発する一方で、チップ上の誤り訂正についても研究している。また、Universal Quantum DeutschlandおよびNXP Semiconductors Germany/eleQtron/Parity Quantum Computing Germanyとの2つの追加プロジェクトでは、個々のチップをネットワーク化して、汎用量子コンピューティング・アーキテクチャの作成が研究される。


これらのプロジェクトに取り組む企業には、ハンブルクの DLRイノベーションセンターと、ウルムの DLRイノベーションセンターのオフィス、研究所、クリーンルームが開放される。DLRは、ドイツ連邦経済・気候変動対策省(BMWK)から資金を調達しています。DLRへの資金は、ドイツ連邦経済・気候行動省 (BMWK) から提供された。この件に関する詳細は、DLRのサイトに掲載されているニュースリリースで確認できる。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page