top of page

D-Wave、継続的な成長を示す第3四半期決算を発表

D-Waveは、2022年9月30日に終了した四半期の決算報告書を発表した。売上高は約170万ドル(約2.4億円)で、前四半期比30万ドルの増収。売上総利益は110万ドル(約1.5億円)で、第2四半期比4,300千ドルの増加。営業費用は約350万ドル増加して1,640万ドル(約23億円)、EBITDA損失は160万ドル増加して1,240万ドル(約16億円)となった。同社は、2022年通年の売上高を700万ドルから900万ドルと予想しており、これは第4四半期に引き続き売上高が増加したことを示しています。当四半期末の手元現金および現金同等物の残高は1,370万ドル(約19億円)となった。


同社はまた、ユーザーの継続的な成長を示唆し、今年に入って63の商用顧客と全体で105の顧客がおり、2021年の最初の9月から約30%増加したと述べた。製品面では、CQM (Constrained Quadratic Model) ハイブリッドソルバーのアップデートを発表し、マルチスタックゲートレベルの量子ビット設計の小型テスト機を製作し、このデバイスで 1および2量子ビットゲートのベンチマークを開始していることを報告した。


商用面では、価格モデルをこれまでの消費時間ベースのアプローチから、シートベースとアプリケーションベースのオファリングのコレクションを使用するように更新し、AWS Braket サービスから AWS Marketplaceに移行することで、ユーザーのシステムへのアクセスを改訂した。


第3四半期の業績に関する追加情報は、こちらのリンク で入手できるプレス発表と、第3四半期の業績発表の録音がこのリンク より確認できる。


Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page