top of page

D-Wave、広告キャンペーンの最適化に向け Interpublic と提携

Interpublic Groupは、2022年の売上高109億ドルを誇る世界最大級の広告・マーケティング企業である。今回、 D-WAVEと提携し、量子テクノロジーをマーケティングキャンペーンの最適化に活用することを発表した。広告キャンペーンには、広告を掲載できる無数の場所、広告を掲載するためのコスト、視聴者の人口統計、回答率などを含む大量のデータとパラメーターがあり、Interpublic のような企業は、クライアントに最高の結果を提供するため、常にデータの分析に取り組んでいる。D-Waveの古典/量子ハイブリッドソリューションと Leap クラウドサービスを自身のデータに沿って使用し、適切な広告ミックスを探していく。

直近で IPGは、小売環境のトップ20クライアントの最適化ソリューションを見つけるためのパイロットプログラムを開始した。


D-Wave のマシンは、以前にも他の広告最適化アプリケーションで使用されていた。かつて日本の Recruit Communications は、D-Waveの量子アニーラーを使ってディスプレイ広告に広告主の予算を割り当てる方法を最適化していた。IPGとの提携を発表した D-Wave のニュースリリースはこちらのリンク から確認できる。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page