top of page

eleQtron が新規ベンチャーキャピタル資金を調達

eleQtron はドイツのジーゲンに拠点を置き、MAGIC (Magnetic Gradient Induced Coupling) と呼ばれるコンセプトに基づいたイオントラップ量子プロセッサを開発している。同社は、ベンチャーキャピタル Earlybird と Siegerlandfonds から追加の資金提供を受けた。先週報じたように、彼らはまた、汎用量子コンピューティングアーキテクチャを作成するために個々のチップをネットワーク接続する方法を研究するために、ドイツ航空宇宙センター (DLR) が後援するプログラムに参加している。同社が受け取る新たな資金の総額は 5,000万ユーロ (約7.3億円) になると報じられている。しかし、この金額のすべてがベンチャーキャピタルからの投資によるものなのか、それともこの数字に DLRプロジェクトからの資金も含まれているのかは明らかになれていない。


詳細は、Tech.euに掲載された記事 で確認できる。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page