top of page

Multiverse、OQC、そしてMoody's Analytics、大規模洪水予測モデルの開発でInnovate UK Awardを受賞


Multiverse Computing、Oxford Quantum Circuits (OQC) 、およびMoody's Analyticsは、浅水方程式(SWE)を数値的に解く2次元流体力学モデルを開発するためにチームを組む。洪水リスク評価を改善し、洪水条件の管理をより良く、より正確にするためである。


このような計算は、従来の古典的な手法では複雑すぎて正確に行うことができない。そのためチームは、古典・量子処理のハイブリッドによる量子情報ニューラルネットワーク(QPINN)と変分量子回路(VQC)アルゴリズムを検討し、そのアプローチでより良い計算ができるかどうかを確認する予定である。


Moody'sの試算によると、英国では毎年7億ポンド(約1,300億円)の洪水被害が発生している。


このプロジェクトでは、Multiverseが主契約者兼ソフトウェア開発者となり、OQCが量子ハードウェアを提供し、Moody's Analyticsが業界の専門知識、データ要件、計算効率に関する洞察を提供する予定だ。このInnovate UKの最初の助成金は、11月末に終了する3ヶ月間のフェーズ1に対するもの。その後、チームは15カ月間のフェーズ2助成を受けるに足る十分な進捗を示す必要がある。


受賞の詳細についてはニュースリリースを参照。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Komentarze

Oceniono na 0 z 5 gwiazdek.
Nie ma jeszcze ocen

Oceń
bottom of page