top of page

Fraunhofer IAFが1,810万ユーロ(約23.5億円)の「SPINNING」プロジェクトを主導。ドイツ製のダイヤモンド・スピン・フォトン量子プロセッサーを開発することに合意

Fraunhofer IAF(応用固体物理研究所)が中心となり、他に、大学6校、非営利研究機関2社、企業5社(中小企業およびスピンオフ企業)、関連パートナー14社(うち10社は企業)を含む28団体がコンソーシアムとして参加することになった。このプロジェクトは、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)から89.8%の資金提供を受ける予定だ。期間は3年間で、10量子ビットの目標でスタートするが、プロジェクトの継続とともに、100量子ビット以上まで拡大する予定だという。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page