top of page

富士通、CESGAに1,400万ユーロ(約19.5億円)の量子コンピュータを導入

ガリシア・スーパーコンピューティングセンター (CESGAまたはCentro deSupercomputaciónde Galicia) は、スペインのガリシア州にある高性能コンピューティングセンターで、欧州委員会、スペイン政府、ガリシア州および CSIC の地域政府からの資金提供を受けている。「FinisTerrae」 というスペインで3番目に強力なスーパーコンピュータを運用している。富士通から量子コンピュータ、高性能コンピュータ、量子アルゴリズムのエミュレータ、ストレージシステムを導入し、これらの機器を残りのITインフラと統合。インストールは 2023年中に行われる。


この活動は、3,000万ユーロ (41.6億円) の資金で設立された Quantum Technologies Pole of Galicia の一環であり、五つの地域のアカデミアで活動する予定になっている。学術、研究・技術・特異点、経済・企業、社会、インフラの5分野で活動し、ガリシア州が欧州における量子活動の主要拠点となるよう支援するものだ。詳細は、CESGAが発表したニュースリリース(スペイン語) を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page