top of page

ドイツ政府、産業界に向けたドイツ量子クラウドサービス構築を支援

ドイツ経済・気候変動対策省(ドイツ語:Bundesministerium für Wirtschaft und Klimaschutz:BMWK)は、数千万ユーロを投じて、量子クラウド・サービスを構築する3年間のプログラムを支援する予定であることを明らかにした。この取り組みには、QMWare、クラウド専門のIONOS、シュトゥットガルト大学、Fraunhofer(フラウンホーファー) FOKUS研究所などの組織が参加している。これは、BMWKが資金提供している数多くの量子コンピューティング・プログラムの1つで、全体で7億4,000万ユーロ(約1,000億円超)を費やすことが予想されている。


この量子クラウドが導入されると、さまざまなエンドユーザーが通信、物流、金融、自動車、エネルギーなどの分野でアプリケーションをテストすることになる。詳細については、こちらのプレスリリース を参照のこと。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page