top of page

人事速報: IonQ、Isara、Riverlane、経営陣の追加

IonQ は Pat Tang氏を研究開発担当副社長 (VP R&D) としてリーダーシップチームに加えた。彼は以前、Amazon の Lab 126 でエンジニアリング担当副社長を務め、Kindle、Fire TV、EchoなどいくつかのAmazonデバイスの開発を指揮していた。それ以前は Apple Computer でアーキテクチャおよびハードウェア開発マネージャーを務め、Agilent や Photonic Linkなどの企業でフォトニック技術、RF IC、センサーの経験を持っている。Tang氏は インペリアル・カレッジ・ロンドン で物理学の博士号を取得している。

IonQは彼の入社をニュースリリース で発表している。


Isara は、山田 淳氏をCEOに昇格させ、アミット・ミタル氏をエクゼクティブチェアマンに加えた。山田は8年近く Isara で様々な立場で働いており、直近では量子安全技術のマネージングディレクターを務めている。暗号とサイバーセキュリティの専門知識を持ち、ウォータールー大学で博士号を取得している。直近では、ホワイトハウスの国家安全保障会議で大統領特別補佐官兼上級部長を務め、サイバーセキュリティ、量子コンピューティング、その他のハイテク分野に注力した。それ以前は、Microsoft の VP兼ゼネラルマネージャーとして21年間、さまざまなハードウェアおよびソフトウェア分野のチームを率いていた。また、Symantec、Trusted Key にも在籍し、多くのテクノロジー系スタートアップ企業で取締役、顧問、投資家を務めてきた。詳細は、 Isara のプレスリリース を参照。


Riverlaneは、Maria Maragkou氏を製品担当副社長に昇進させた。この役職で彼女は RiverlaneのDeltaflow.OSソフトウェアおよびその他の製品開発の指揮を執る。Maragkou氏は、Riverlaneに2年以上在籍しており、以前は事業開発の責任者を務めていた。Riverlane以前は、Spring Nature のシニアエディターとして物理学、フォトニクス、メタマテリアル、量子材料の分野の編集プロジェクトに携わっていた。サウサンプトン大学で工学物理学/応用物理学の博士号を取得し、KEDGE School of Business で Executive MBA も取得している。Riverlaneは、彼女の任命を発表するプレスリリースを彼らのウェブサイト に掲載している。


新しい立場での成功をお祈りしたい。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page