top of page

Multiverse、Iberdrola と共同で電力網の量子最適化を研究中

以下の情報は、Iberdrola が量子技術を活用してビジネスを行う一環として、スマートパワーグリッド内の電池を最適化することを決めたことを表している。Iberdrola は、スペイン・ビルバオに本社を置く大手の多国籍電力会社であり、2022年の売上高は530億ユーロ(約8.2兆円)以上。


彼らは風力発電の最大生産者であり、時価総額で世界第2位の電力公益事業者である。風力や太陽光などの再生可能エネルギーを使用するシステムでは、電池の数、特性、および配置を最適化することが重要な考慮事項で、複雑な計算が必要となる。Iberdrola は、Gipuzkoa Quantum Program の枠組みの中で、Multiverse Computing と協力し、Gipuzkoa 県議会の支援を受けた10か月のプログラムで、量子コンピュータが解決策を出すものとして役立つか検証する。


Multiverse によって提供されたこのプロジェクトに関するブログ記事は、彼らのウェブサイト を参照。



※参考

スマートパワーグリッド:電力供給システムのネットワークを指す用語



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

댓글

별점 5점 중 0점을 주었습니다.
등록된 평점 없음

평점 추가
bottom of page