top of page

IBM、量子ボリュームの性能を128から256に向上

 IBMは、数年前に量子ボリュームと呼ばれる性能指標を確立している。量子ビットの数と確実に計算できる量子ビットゲート層の数に基づいて、量子プロセッサの相対的な性能を特徴付けるものだ。同社は過去5年間、以下のように量子プロセッサの性能を着実に向上させてきている。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page