top of page

Infleqtion、英国政府からの助成金を獲得、英国初の光原子時計の開発・製造へ

この助成金は、Innovate UK(英国の国立イノベーション機関)によって提供されたもの。Innovate UK は、様々な分野の量子技術研究のために、49の異なるプロジェクトに対して、合計4,500万ポンド(約83億円)の助成金を授与すると以前より発表していた。Infleqtionの子会社であるInfleqtion UKは、PNT (位置・ナビゲーション・タイミング)部門のプロジェクトの1つを獲得した。具体的な金額はまだ公表されていない。


同社はこの資金を利用して、光学原子時計の開発を完了させる。この光学原子時計は、グローバル・ナビゲーション・サテライト・システム(GNSS)をはるかに超える精度を持ち、同等のサイズの市販の原子時計よりも 50倍以上優れた周波数安定性を持っている。この正確な時計は、GPSなど衛星ベースのナビシステムが使用できない場所において、大きな可能性を秘めている。また、配電システムなど、特定の活動において正確な同期が必要とされる状況でも利用できるだろう。Infleqtionは、この資金を利用して、量子対応システムの製造能力をイギリスのオックスフォードへと拡大する。


詳細は、Infleqtion のプレスリリース を参照のこと。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page