top of page

Infleqtion が World View とコラボレーション。量子がクラウドではなく「雲の上」でどのように使われるかを示す


[ World View Stratospheric Balloon. Credit: World View ]



World View社は、世界的な成層圏探査の大手企業で、成層圏気球を10万フィートの高さまで飛ばし、リモートセンシング、画像処理、ナビゲーション、データ収集などの用途に利用している。気球に搭載されたセンサーは、最大、高さ半径388マイルに広がる視線を持ち、47万平方マイル以上の領域をカバーすることができる。Infleqtion は World View と協力して、Infleqtion の量子ベースのセンサーがそのような環境でどのように使われるか調査する。彼らは Infleqtion の冷却原子をベースとした量子センサー製品 (精密なタイミングや超高感度RFセンサーなど) が、防衛市場や商用市場向けのアプリケーションでどのように利用できるかを実証するために協力していく。初期テストの目的は、2社の技術を一緒に使用することの有用性を実証し、ユーザーが量子センサーと成層圏気球の技術を一緒に使用して、顧客の商用アプリケーションに利点を提供することを納得させることができるようにすることである。


多くの量子業界で見落とされていることの1つは、量子センサーはすでに特定のアプリケーションで量子的な優位性を提供しており、近い将来、量子コンピューティングよりも多くの生産収益を生み出す可能性が高いということである。量子コンピューティングは、長期的にはおそらくより大きな市場になるため、今日のメディアからより注目されていますが、これが実現するには10年または20年かかるかもしれない。他のほとんどの量子技術企業とは異なり、Infleqtion の製品戦略はこれを認識しており、同社は量子センシング、量子通信、量子コンピューティング、および量子コンポーネント市場に参加して、より多様な収益源を提供している。


高度量子センシングを調査するための Infleqtion と World Viewのコラボレーションに関する追加情報は、Infleqtion のWebサイトに掲載されているニュースリリース を参照のこと。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page