top of page

Intel と 理研、量子コンピューターで協業へ

Intel は、自然科学を中心とする日本の大手研究機関である理化学研究所との間で、AI やハイパフォーマンスコンピューティングを含む次世代コンピューティングに関する共同研究を行うことで合意し、その一環として、理化学研究所と量子コンピューティングに関する共同研究を行うことになった。理研では、量子チップのテストだけでなく、Intel の Quantum SDK (Intel Quantum SDKについて説明した最近の記事を参照) を使用する予定である。理研は Intelとの共同研究のほかに、富士通と共同で64量子ビットの超伝導ベースの量子コンピュータを開発している。詳細については、理研のプレスリリース (日本語) を参照のこと。 ============================= 原記事(Quantum Computing Report) https://quantumcomputingreport.com/ 翻訳:Hideki Hayashi


Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page