top of page

IonQ、GE Researchが、共同で量子コンピュータのリスクモデリングに関する研究を実施

数学者は、長年にわたり、複数の変数を持つ結合確率分布をモデル化するための数学的ツールの開発に取り組んできた。これらの技術は、将来のパフォーマンスを予測するために、3つまたは4つの株価指数相関関係を理解することが非常に役立つ金融などの分野で特に有用である。数学者が使用するツールの1つは、copulaと呼ばれるもので、もともとは1959年に発表されたものである。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page