top of page

Keysight、量子プロセッサーに使用される新しい量子制御システムを発表

超伝導やスピン量子ビットを用いた量子プロセッサーを設計する上で、最も重要な要素の1つは、量子ビットの動作に必要な制御を行う電子機器である。量子ビットは、正確なマイクロ波信号によって制御され、目的のソフトウェアプログラムに従い、どのようなゲート動作が行われるかが決定される。これらの信号の全体的な精度とノイズレベルは、ゲート忠実度やコヒーレンス時間などの量子ビットの品質測定に大きな影響を与えるため、エンジニアはできるだけ完璧な信号を作りたいと考えている。Keysightは、「Direct Digital Synthesis」と呼ばれる技術を使用して、高いレベルの信号精度を実現する新しいモジュール式量子制御システムを開発した。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
コメントが読み込まれませんでした。
技術的な問題があったようです。お手数ですが、再度接続するか、ページを再読み込みしてださい。
bottom of page