top of page

Kipu Quantum、電池材料シミュレートのためDLRのBASIQプログラムに参加

DLR(ドイツ航空宇宙センター)は、BASIQと呼ばれる3年間のプログラムを立ち上げた。そのテーマは、量子コンピューティングを使用してバッテリーの化学をシミュレーションし、関連する原子プロセスをよりよく理解し、性能向上に道を開くことである。Kipu Quantumは、DLR QCI (Quantum Computing Initiative) 量子コンピューター上で実行できる静的および動的量子化学シミュレーションのための、新アルゴリズムを開発する契約を獲得した。


Kipu Quantumの専門は、可能な限り小さな回路を実現するために、手元の問題を対象となる量子プロセッサーに特化し、最適化されたアルゴリズムを開発することである。このアプローチにより、量子ビットの数と品質のレベルが限られているNISQ量子コンピューターで、量子優位性を早期に達成できると主張している。


このプログラムでは、デジタルアナログ圧縮技術を使用して、ゲートの深さを大きく削減する。この賞の詳細については、Kipu QuantumのWebサイトに掲載されているニュースリリースDLR QCIのWebサイトに掲載されている記事を参照。



=============================

オリジナル記事:Quantum Computing Report (by GQI)

https://quantumcomputingreport.com/

翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page