top of page

Kipu Quantum と Pasqal が協業、Pasqalのハードウェアに最適化されたハードウェア固有のソフトウェアソリューションを推進

Kipu Quantumは、特定のユースケース向けとして、ハードウェア固有のアルゴリズム開発を専門とするドイツの量子ソフトウェア企業である。一般的なアプローチではなく、これに焦点を当てることで、彼らは近い将来に利用可能なマシンで量子アドバンテージを提供できるような、より効率的で高速な量子ソリューションを提供できると考えている。Pasqalはフランスの量子ハードウェアプロバイダで、100量子ビットの中性原子プロセッサを開発しており、2024年には1,000量子ビットのマシンを計画している。このマシンの重要な特徴は、デジタルゲートベースまたはアナログモードのいずれかで動作できることである。


アナログモードは、ユーザーが解決したい物理的な問題と、基板上の中性原子の力と特性との間に類似性を作り出すことに依拠している。風洞内の模型飛行機が、空を飛ぶ実物大の飛行機の気流の力をエミュレートするようなものだと考えてほしい。アナログモードは量子サプライヤーでは一般的ではなく、すべての量子問題を普遍的に解決することはできないが、ノイズの影響を受けにくく、Pasqal は純粋なデジタルモードよりも早く量子に有利な解決策を提供できるかもしれないと考えている。


そこで両社は2年間の契約を締結し、Kipu Quantum が Pasqal の近未来コンピュータ上で実行できる問題の解決策を開発することになった。特に、Pasqal プロセッサのアナログモードを活用することに焦点を当てている。アナログモードに基づく開発に取り組んでいる量子ソフトウェア企業は他にほとんどないため、Kipu Quantum と Pasqal のこのアプローチによって、彼らは競争上で優位となる可能性がある。


この提携を発表するニュースリリースは、いくつかの追加情報とともに Pasqal のWebサイトに掲載されており、こちらのリンク からアクセスできる。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page