top of page

Zapata と L3Harrisのチーム、DARPA に 30の量子コンピューティングチャレンジシナリオを提供

Zapata と L3Harris は、国防高等研究計画局(DARPA)から730万ドルを受け取っているチームを率いて、特定の課題セットを解決するための量子コンピュータを測定するベンチマークを開発している。のチームの他のメンバーは、BBVA Corporation、BP、Copernic Catalysts、三菱化学、トロント大学。彼らが作成した 30のシナリオには、新素材、流体力学のシミュレーション、リアルタイムの機械学習、工学設計の最適化など、防衛、化学、金融、機械学習などの多様な産業に合わせた実問題が含まれている。このシナリオにより、量子プロセッサーが実世界の問題を解決する際の進歩をベンチマークし、比較することができるだろう。本プログラムの詳細については、Zapataが提供するプレスリリース を参照。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page