top of page

[PQC] Linux Foundationが耐量子計算機暗号の評価・導入を促進するための国際アライアンスを立ち上げ。Post-Quantum Cryptography Alliance (PQCA)



[English follows Japanese]


The Linux Foundation は、耐量子計算機暗号(Post-Quantum Cryptography, PQC)の推進と社会への導入を目的とするアライアンスとしてPost-Quantum Cryptography Alliance (PQCA) を立ち上げました。PQCA は業界を牽引する研究者や開発者などで構成され、 量子コンピュータがもたらすセキュリティ上の課題に取り組み、新しい量子耐性アルゴリズムの開発をサポートする。また、CNSA(Commercial National Security Algorithm) Suite 2.0に関する米国家安全保障局(NSA: National Security Agency)のサイバーセキュリティ勧告に準拠した本番環境対応のライブラリ・パッケージとして、企業や組織の中心基盤として機能する。


メンバーと目的

このアライアンスは、AWS、Cisco、Google、IBM、IntellectEU、Keyfactor、Kudelski IoT、NVIDIA、QuSecure、SandboxAQ、ウォータールー大学(カナダ)などの創設メンバー組織によって支えられている。量子コンピューティングの急速な進歩を踏まえ、機密データと通信の安全性を確保することを目的としている。PQCAは、新しい耐量子計算機暗号(PQC)アルゴリズムを評価、プロトタイプ化、実運用環境に展開するためのソフトウェア開発など、さまざまな技術プロジェクトを実施する。これにより、多様な業界における耐量子計算機暗号(PQC)の実用的な導入が促進されることになる。


NISTによる標準化プロセス

PQCAのメンバー組織の一部は、NIST(National Institute of Standards and Technology/米国立標準技術研究所)による耐量子計算機暗号標準化プロジェクトで選定された最初の4つのアルゴリズム(CRYSTALS-Kyber、CRYSTALS-Dilithium、Falcon、SPHINCS+)の共著者など、耐量子計算機暗号(PQC)の標準化において重要な役割を果たしてきた。PQCAの立ち上げプロジェクトの中には、2014年にウォータールー大学で設立されたOpen Quantum Safeプロジェクトや、PQ Code Packageプロジェクトがある。これは、

ML-KEMアルゴリズムを手始めとして、今後予定されている耐量子計算機暗号(PQC)標準に準拠した高保証の量産可能なソフトウェア実装を構築するものである。




アライアンス結成を発表したニュースリリースはこちら


また、PQCAのウェブサイトはこちら



[補足]

Post-Quantum Cryptography Alliance (PQCA)


Open Quantum Safe


PQ Code Package



 

Post Quantum Cryptography Alliance Formed to Promote the Advancement and Adoption of Post-quantum Cryptography


The Linux Foundation has launched the Post-Quantum Cryptography Alliance (PQCA), an initiative aimed at advancing and adopting post-quantum cryptography. The PQCA, comprising industry leaders, researchers, and developers, will address security challenges posed by quantum computing and support the development of new post-quantum algorithms. The PQCA will serve as a central foundation for organizations and open-source projects seeking production-ready libraries and packages aligned with the U.S. National Security Agency’s Cybersecurity Advisory concerning the Commercial National Security Algorithm Suite 2.0.


The alliance is backed by founding members including Amazon Web Services (AWS), Cisco, Google, IBM, IntellectEU, Keyfactor, Kudelski IoT, NVIDIA, QuSecure, SandboxAQ, and the University of Waterloo. It aims to secure sensitive data and communications in the post-quantum era, given the rapid advancements in quantum computing. The PQCA will undertake various technical projects, including the development of software for evaluating, prototyping, and deploying new post-quantum algorithms. This will facilitate the practical adoption of post-quantum cryptography across different industries.


Several members of the PQCA have played significant roles in the standardization of post-quantum cryptography, including as co-authors of the first four algorithms selected in the NIST Post-Quantum Cryptography Standardization Project (CRYSTALS-Kyber and CRYSTALS-Dilithium, Falcon, and SPHINCS+). Among the launch projects of the PQCA is the Open Quantum Safe project, founded at the University of Waterloo in 2014, and the new PQ Code Package Project, which will build high-assurance production-ready software implementations of forthcoming post-quantum cryptography standards, starting with the ML-KEM algorithm.


Additional information is available in a news release posted here which announces the formation of the alliance. You can also visit the website for the PQCA here.


Source: Quantum Computing Report

https://quantumcomputingreport.com/


 
















Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page