top of page

NIST、標準化のためのラウンド3アルゴリズム、および継続研究のためのラウンド4アルゴリズムを発表

ポスト量子暗号(PQC)にとってもう一つの重要なマイルストーンとして、NISTはラウンド3から標準化されるアルゴリズムの第一陣と、さらなる標準化の可能性を求めてラウンド4で分析される追加アルゴリズムを決定した。標準化されるアルゴリズムには、鍵確立のためのCRYSTALS-KYBER、デジタル署名のためのCRYSTALS-Dilithium、Falcon、SPHINCS+が含まれている。さらに、Classic McEliece、Bike、HQC、SIKEがラウンド4でさらに検討するために選ばれた。表を確認してほしい。

記事の続きは…

qcrjp.com を定期購読してお読みください。

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
コメントが読み込まれませんでした。
技術的な問題があったようです。お手数ですが、再度接続するか、ページを再読み込みしてださい。
bottom of page