top of page

コラム:英国 NQCC Software Lab の発足

By David Shaw


英国のNQCC (National Quantum Computing Centre) は、エディンバラ大学情報学部と提携し、初の専用NQCCソフトウェアラボを立ち上げた。英国国家量子戦略が発表され、英国政府が今後10年間で量子分野に25億ポンドを拠出すると約束したことを受けて、その資金がどのように使われるかについての初期の兆候が見え始めている。


この提携の重要性は、NQCCのミッションの複数の側面 (人材と専門知識の構築、英国へのパートナーの誘致、スケーラブルな量子コンピュータの構築に必要な主要な科学的課題の解決) をサポートするために、研究所の活動を推し進めることができる点にある。既存の NQCC SparQ応用発見プログラムと、研究所の Quantum Advantage Pathfinder (QAP) 研究プログラムとの間で緊密な連携が期待できるだろう。


2022年の11月に、NQCCチーフサイエンティストに就任した Elham Kashefi 教授の本拠地に、最初の NQCCソフトウェアラボが設立されるのは偶然ではないだろう。ソフトウェアラボの立ち上げイベントで、私たちは今後の方向性を示すいくつかの注目すべき点を見出した。


  • 量子の先駆者たちは、ソフトウェアアーキテクチャやAIを含む従来のコンピュータ科学からの進化を加速させるために、コネクションを積極的に構築しようとしている。

  • 量子情報の分野では、 「量子コンピューティング」 と 「量子通信」 の事実上の区分が課題となっている。

  • 今日の量子アルゴリズムのノウハウを商業的に利用可能なアプリケーションにするには、依然として大きな努力が必要である。NQCC Software Labの発足は、英国がこのギャップを埋めるために学術的なリソースを投入することを表している。

  • 少なくとも英国では、NISQ は死んでいない。英国のプログラムは、中規模デバイスによる商業的に有用な量子的優位性の探索に強く焦点を当てている。


発表イベントでは、AWS (既にラボパートナーとして発表されており、Amazon Braketへのアクセスを介して30万ドルのサポートを提供)、IBM (既にAIの英国における重要なパートナー) 、EQSI (最近立ち上げられた European Quantum Software Institute) などの著名な講演者が登壇した。スコットランドでは、中央ベルト全体の量子セクター投資に対する地元の制度的・政治的支援が実施されている。国際的な協力と投資に対するエディンバラが魅力的である。


機会を最大限に活かすための課題。英国は量子ソフトウェア専門知識の国際的に重要な中心地からも恩恵を受けている。ケンブリッジ、オックスフォード、ロンドンの 「黄金の三角地帯」 のほか、ブリストルからの恩恵も大きい。私たちは、これらすべてのセンターが発展を続け、最終的には各部門の総和以上のものとなることを保証するために、NQCC の支援が不可欠であると考えている。誰もが、それぞれの地域経済に真の利益をもたらすことを示し続けたいと願っている。


英国国家量子技術プログラムに関するGQIフォーカスレポートはこちらのリンク から。



=============================

原記事(Quantum Computing Report)

https://quantumcomputingreport.com/


翻訳:Hideki Hayashi

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page